骨盤に歪みが生じると大腿骨も外側にズレてきてしまうことになりますので、そもそも骨盤は股関節から大腿骨へと繋がっているのです。
骨盤の歪みをそのまま放っておいてしまうと、美容に大きな影響を与えてしまうことになるのです。

 

まっすぐに伸びていなければいけない大腿骨と頚骨にねじれが大腿骨にズレが生じることで、発生してしまいます。
つまり骨の外側だけが発達をしてしまうことになり、美しい体型を作ることが出来なくなります。
まだ一度もキャビテーションを受けたことが無い人は、是非一度信頼出来るエステに足を運んでみてください。
信じられないようなシェイプアップ効果のあるキャビテーションは、きっと貴方に自信を与えてくれることでしょう。 足と足の間にO字型の隙間が空いてしまっている人が日本人には多いですがこれがいわゆるO脚と言われるものです。
一度O脚になってしまうと、なかなか改善することが困難となってしまうので、早めの骨盤矯正が必要なのです。

看護師 埼玉
http://kangoshitenshoku.jpn.org/area/saitama.html

青汁人気ランキングドットコム
http://aojiru-bible.jpn.org/

保育園 看護師の専門
http://kangoshitenshoku.jpn.org/kawatta/hoikuen.html

看護師 募集の詳細
http://real-nurse.com/bosyu.html



《お役立ちメニュー》骨盤矯正で悩みの歪みを解消ブログ:17年05月15日

排便は習慣性を持つものである。

母親は6時起きたら
排便するというのが習慣づいているので、
なんの無理もなく排便できるが、
子供はそうではない。

子供には6時にウンチをすることを
母親が習慣づけてあげるからこそ、
6時の排便ができるようになるのである。

母親が子供に6時の排便を習慣づけないと、
子供は6時の排便が難しくなる。

午前中の体質は排泄モードになっているのだが、
その時間帯で排便することができず、
その時間帯以外で排便するようになる。

そうなれば
排便でウンチを出し切らないようになってしまい、
ウンチをしても
体質内に老廃物や毒素を溜め込んでしまうのである。

体質内に老廃物や毒素を溜め込んでいると、
子供の免疫力は低くなってしまう…

それで
子供はたびたび病気になり、
食欲を減少させ、
排便を優先させるような行動を取ってくる…

子供が病気になった場合、
食欲があれば別だが、
食欲がないにもかかわらず食事をさせていては、
子供はますます排便が困難になってしまうのだ。

病気をしている子供のウンチは非常に臭い!
それだけ老廃物や毒素を
溜め込んでいるということなのである。

しかも
大腸はこの中から水分を吸い上げて、
腎臓で濾過しているのだから、
腎臓が傷んでしまうのは当然のこと。

便秘の子供に限って
子供らしい元気さがないものだが、
それは腎臓自体が弱っているからなのである。

僕は…
病気になったら、
病院に行かればいいと安易に考えるのではなく、
子供が病気にならないような努力をしておくべきだと思う。

だからこそ毎6時、
子供には排便を行わせ、
病気とは無縁の体質にしてしまおう!